雑巾の模様

子どもたちの通う小学校も2学期が始まりましたが、2学期がはじまる前夜、かみさんが子ども用にミシンで雑巾を作っていました。が、そのデザインが面白くない。

というわけで、もっと数学的な面白いデザインにしようよ、と提案したら、デザインを考えてくれれば縫うけど一筆書きで縫えるデザインでないと面倒、とのこと。

それなら、こうしてこうしてー、と指示を出して縫ってもらったのが下の雑巾。

IMG_4716(2)

必要な枚数の雑巾は出来上がってしまったのだけれども、一筆書きでミシンがかけられる数理的(?)なデザインを目指して落書きをしたら、楽しい、楽しい。つい時間を忘れて落書きに夢中になりました。

IMG_4718(2)

ブロックで独楽

うちの子どもたち、特に、息子はレゴブロックが大好きです。

彼はいつも、クルマをブロックで作ります。私も子どもの頃、よく乗り物をブロックで作りました。

乗り物は、たいてい線対称です。だから、ブロックで乗り物を作っているうちに、自然と線対称の概念って強化されている気がします。でも、点対称な形を作ることって、なかなかないですね。

そこで、ふと思い立ってこんな遊びをしました。

こんな風に、レゴブロックで独楽を作ります。軸になる部分はこんなパーツを使っています。

「独楽がよく回るためにはね、点対称じゃないとうまく回らないよ」と点対称を説明しました。つぎつぎにパーツを増設して、大きい独楽がつくりたくなるので、自然と点対称を考える必要性が出てきます。はじめこそ、戸惑っていたものの、すぐに要領をつかんだようでした。

意外によく回って、色が混ざったりして楽しいです。

切り紙遊び

昨日はむすめが折り紙をハサミで切って遊んでいたので、横で一緒に切り紙遊びをしました。(息子は、ブロックで一人で遊んでた)

そのとき、ふと思い立ってやってみたのがこちら。

まず、A4の紙をこのように折り、細長くたたみます。

(右下に娘のプリキュアノートが写りこんでますが、気にしない。笑)

これを次のように60度の角度にV字に折って、

次々にたたみます。

そんで、下の写真のように切る。折りたたんだことで紙がだいぶ厚くなっているので、すこし大きめのハサミでぐいぐい切りました。

さて、これを広げます。どんな模様になるでしょうか?

フリマで

先日、シルバーウィークのとある日。
神戸の某所で、フリーマーケットをのぞきました。
そこで見つけもの。この竹のこの里のパズル。

これが、100円だったのです!お買い得!
これはスライドパズルですが、竹の子部分が互いに干渉するので、素直に解けません。
結構、難しいです。
これと、あとディアブロ(中国独楽)が50円だったのを買いました。
子どもたちも100円ずつ何かを買いました。フリマを見るのは楽しいです!

折り紙作図

昨年度から、とあるゼミ生と、折り紙による作図のゼミをやっています。
#彼は大学院を3年間で履修する長期履修制度の院生です。
ゼミで扱いたかった証明はあらかた終わったので、最近は具体的な作図で遊んでいます。
今日は正13角形を折り紙から折る話。

続きを読む

中国(その2)

今回の研究集会の日程のほとんどは、ホテルの会議室で行われましたが、
初日の午前中だけは 河南大学のホールで行われました。河南大学は
キャンパスの一角をみただけにすぎませんが、めっちゃ広そう。

このとおり、キャンパスの向こうは霞んで見えないほど。。って、中国はいつも霞みがひどいのですが。
黄河が近いので、黄砂の関係でしょうか?
さて、初日の日程がおわって、夕刻、ホテルの前の公園(?)をあるいていたら、
あやしげな飛行物体が!!!

続きを読む