ひし形パズル

前回,東京五輪のエンブレムとひし形タイリングに深い関係があることを示唆する画像を載せましたが,これとても面白そうなのでGWに木で作ってみました.パズルというよりおもちゃですが.

img_5741

正方形,内角60°-120°のひし形,内角30°-150°のひし形で出来ています.枠は正12角形です.いろんな模様を作るのが楽しいのです.私も,小学生のうちの子たちも,大喜びでいろいろ模様を作りました.

  • img_5739

右が娘の,左が私の作品.

  • img_5737
    これは私の作品.120°回転対称ですね.
  • img_5740
    これは息子の作.渦巻きを意識したそうです.
  • img_5742
    これも息子の作品.中央に正方形を集めてみた,だそうです.
  • img_5758
    これは私の作.180°回転対称のみの対称性にしてみました.
  • img_5765
    これも私の作品.なんとなく(笑)
  • img_5754
    最後に,ランダムに入れてみました.

適当に入れれば入るか,というとそうでもなく,少し考えながら入れないと最後まで入りません.割と数学的な構造がこのタイリングには隠れているようです.ともあれ,いろんな模様を作るのは,とても楽しいのです!

ブロックで独楽

うちの子どもたち、特に、息子はレゴブロックが大好きです。

彼はいつも、クルマをブロックで作ります。私も子どもの頃、よく乗り物をブロックで作りました。

乗り物は、たいてい線対称です。だから、ブロックで乗り物を作っているうちに、自然と線対称の概念って強化されている気がします。でも、点対称な形を作ることって、なかなかないですね。

そこで、ふと思い立ってこんな遊びをしました。

こんな風に、レゴブロックで独楽を作ります。軸になる部分はこんなパーツを使っています。

「独楽がよく回るためにはね、点対称じゃないとうまく回らないよ」と点対称を説明しました。つぎつぎにパーツを増設して、大きい独楽がつくりたくなるので、自然と点対称を考える必要性が出てきます。はじめこそ、戸惑っていたものの、すぐに要領をつかんだようでした。

意外によく回って、色が混ざったりして楽しいです。

変形ボール

週末は全国数学教育学会@広島へ いってきました。
帰り道、とある場所で 次の写真のものが売っているのを発見!
こ、これは!!

しかも値段をみると 420円!なんですと!
この値段で これが買えるとは.
って これが何なのか判らない人のほうが多いですね。

続きを読む