SP4

植松さんのブログで、北沢忠雄さんの考案したパズル「内外相似パズル」のルールを読んだとき、「これはやられたー!」と思いました。本当にすばらしいアイデアだと思います。

すなわち、いくつかの平面ピースを重ならないように並べて、穴の開いた図形を作り、穴の形と外側のアウトラインの形が相似になるようにせよ、という問題です。

で、そのとき、こんな形の問題は作れないかなぁというアイデアが頭に沸いたのですが、計算が面倒でずいぶんと放ってありました。また、昨年の11月ごろからずっと忙しかったですし。なんとか年度末を迎えて、少し計算する余裕ができたので、最近つくってみたのがこれ。

 

ピースは全部で4枚。どれも四角形で、内角の大きさは45度、90度、135度、90度になっています。もう少し凧型に近い形にしたかったのですが、なかなか思うようにはいかず、「直角二等辺三角形から片方の底角を少し切り落としたような形」になってしまいました。サイズが分かりやすいように、格子模様をつけておきました。紫、橙、赤の格子は同じ大きさ。青の格子は√2分の1で、少し小さい格子になっています。

こうやって並べてみると、もっと大きさが分かりやすいかな。

で、問題は「この4ピースを重ならないように並べて、穴の開いた図形を作り、穴の形と外側の形が相似になるようにせよ」、というもの。北沢さん考案の内外相似パズルのルールです。

先日、某パズルの会に考案したものを持っていったのですが、少し計算間違いがあったのと、そのままでは遊びにくいパズルだったので、デザインを変更しました。それが、上の写真のものになります。タイトルは「SP4」としました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中