ダンジョンの入り口

まぁ、私なんぞは 2流、3流の数学者なものですから、あまりそういうことはないのですが、
たまに 数学の研究をしていて、予感というか、先がみえるというか、そういうときがあります。
つまり、まだ 何も証明もしていないのですが、あ、ここは 何かある、何かつながっている、
というような感覚が得られることがあるのです。
例えば、RPGをやっていて、なかなかストーリーが進行しないような、新たな展開がないような
状態が続いた後、特に 具体的に何かアイテムが得られたわけでもないのだけども、
ちょっとした気付きがあって、あ、ここか!というような、スイッチが入ったような部分がありますよね。
そういう感じです。
で、たった今がそういう時なのです。
大抵、ゲームでは、そういうスイッチが入った後は 新たなダンジョンに出くわしたり、
中ボスのモンスターが現れたりして、大変なことになるのですがね。
で、どうしようかなぁと思うわけですよ。
というのも、ここでダンジョンに入ってしまうと なかなかセーブポイントが無くて 次のセーブポイント
までいっきに駆け抜けないと大変だったりするわけです。逆に ダンジョンの入り口まで見つけた
ところでセーブしておけば、 次回 ゲーム再開時に やることの方向性がはっきりしていて
いいわけです。実際、中途はんぱにダンジョンにはいったところでセーブすると、
ゲーム再開時に、あれ?このスイッチなんだっけ?なんてことになって、えらい目にあうことも
あるわけです。
さて、このところいろいろ忙しくて、忙殺されていました。
また、今週末というか明日から夏季の特別休暇と振替休日を利用して、
妻と双子をつれて東京へ帰省する予定です。
つまり、明日から1週間は「数学」世界に遊ぶ時間はないのですね。
それで、困ったなぁとおもっているのです。
しかも アイデアが見つかった状態というのは、はっきりしたことは得られていない、
吹けば消えてしまいそうな感覚なんです。なんとか このアイデア状態をうまく
セーブして(記録して)、帰途に着きたいとおもいます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中